バカロレア国際オプション(Option Internationale du Baccalauréat、OIB)

フランスの高校3年生(Terminale)の学年末には、バカロレアと呼ばれる国家試験が行われ、これに合格すると大学入学資格が得られます。

リセアンテルナショナル・サンジェルマンアンレイでは、バカロレア国際オプション(OIB)を受験します。

OIBでは、

1、一般バカロレアの第1外国語の代わりに、当該国(日本セクションは日本語)の日本語・日本文学の筆記・口頭試験を受けます。

2、一般バカロレアの歴史・地理の代わりに、当該国(日本セクションは日本)の歴史・地理の内容を加味した筆記・口頭試験を受けます。

3、当該国の教育省(日本セクションでは文部科学省)が、上記2科目のカリキュラム策定及び試験問題の作成に協力します。

他のセクション同様に、日本セクションでもOIBを実施するに当たり、セクション設立後、フランス国民教育省と日本の文部科学省に、そのシステム導入の依頼を続け、両省が2002年5月にその協定に調印し、2003年6月より日本セクションの生徒に対し、このOIBが実施されています。

国家試験の一環として実施されるOIBに合格すれば、そのバイリンガル・バイカルチャーのレベルが顕著に高いことが、フランス国内だけでなく国際的にも証明されます。